研究発表
経営

共創的相関関係へのプロセス

 本研究は,企業における接客を例として,人間関係における初対面を接点として捉え,動機の推移と判断基準や行動心理の変化から,相関関係に至る過程を模索する。また,相関関係の構築による相乗効果の結果として創出される相互人間価値と相互満足の具現化を試みるものである。また,企業におけるホスピタリターの果たす役目について考察するものである。

発表様式 単独
発表年月 平成13年10月
発表学会等の名称 日本ホスピタリティ・マネジメント学会 第10回全国大会(於 同志社女子大学)

pagetopへ戻る