研究発表
海外研究発表

Hospitality Management in Disney Resort

 本研究は,2006年にこれまでの研究をまとめ「ホスピタリティ主義」,別名「多元的最適共創主義」提唱した「新概念としてのホスピタリティ・マネジメント」の視点から,東京ディズニーランドの成功事例を検証したものである。特に「新概念としてのホスピタリティ・マネジメント」の中の「ホスピタリティの5大構成要素群(機能的要素群,物的要素群,人的要素群,創造的要素群,最適共進要素群)」を検証することで,マネジメントの方向性を把握することを目的としている。

※発表レジュメ集pp.123〜170(論文含む)

発表様式 単独 英語
発表年月 平成20年10月31日
発表学会等の名称 2008International Hospitality and Tourism Conference in Seoul (at Kyung Hee University, KOREA)

pagetopへ戻る