論文
経営

場の創造知とホスピタリティ・マネジメント -アサヒビール株式会社を事例にして-

(Creative Sense of Place and Hospitality Management)

広範囲に渡る人間系のカテゴリーを包括するホスピタリティを媒介する産業において,「場」は最も重要な要素として位置付けられる。本論は,筆者の構築したホスピタリティの構成要素と,場を形成する要素とが一致することから,「場」を「共創の場(Intercreative place)」として動的に創出するフレームワークを,場の形成とホスピタリティの構成要素を基に検証し,場所的制約や時間的制約及び条件的制約のある中で場所的創造を如何に行うか,また創造的進化ができる組織づくりをホスピタリティ・マネジメントの観点から考察するものである。

(掲載 pp.73〜83)

執筆様式 単著
発行年月 平成11年8月
発行所・発表雑誌等 学術雑誌 実践経営学会 機関誌『実践経営』第36号(B5版,総頁数270)

pagetopへ戻る