論文
観光・レジャー

ホスピタリティ産業としての観光事業

(The Hypothetical Theory of Management in Tourism as the Hospitality Industry)

本論は観光を経営の視点から考察し,多くの研究領域と密接に関係しながらも依然として不確定な位置づけにある「観光研究 領域」への一考察を提示することを目的とする。さらに,観光事業における経営を「ホスピタリティ」という要素を中心に展開する過程として,「ホスピタリティ・マネジメントの循環過程」という仕組みを基礎に,観光事業の組織(営利,非営利を問わず)におけるホスピタリティの循環の一環として解説する。また,観光事業という組織経営が複合化,融合化を繰り返す現代組織の近未来像を現出させる領域であることから,いくつかの観光事業あるいは観光そのものの概念を再度検討し,未来型組織形態に不可欠なホスピタリティ・マネジメントの必要性に論及するものである。

(掲載 pp.57〜65)

執筆様式 単著
発行年月 平成9年5月
発行所・発表雑誌等 学術雑誌 日本観光学会『学会誌』第30号(B5版,総頁数87)

pagetopへ戻る