論文
観光・レジャー

観光事業の経営学的一考察

(A Consideration of Business Administration on the Tourism Industry)

 本論は観光を経営学的な視点から考察し,その到達点として「観光経営学」という仮説を提案するものであり,多くの学問的領域と密接に関係しながらも依然として不確定な位置づけにある「観光」への学術研究の一考察を提示することを目的とする。  多くの学問領域との接点を許容してきた観光学の考察から,経営学と観光学との融合を仮定すると,観光の多様性は未来組織の存続条件に適合するものである。また経営学と観光学が融和することで両学問の相互作用による相乗効果によって経営学自体が新たな学術的進化が可能になると考える。こうした相互融合が学術分野での進歩のみならず,社会的価値の創造に貢献するものであると考える。

(掲載 pp.83〜95)

執筆様式 単著
発行年月 平成20年3月20日
発行所・発表雑誌等 東洋大学大学院 国際地域学研究科『大学院紀要』第44集(A4版,総頁数187頁)ISSN 0289-0445

pagetopへ戻る